環境問題

地球温暖化とは?簡単に説明します!

こんにちは!こうです。

 

以前の記事で環境問題に関心を持たなければいけない理由について書かせてもらいました。

前回の記事

環境問題について関心を持たなければいけない理由

 

今回は地球温暖化への対策についてです。対策を行わなければ一向に改善されなければ悪化する一方です。

この記事を読めば、地球温暖化の対策について私たちの生活の中で身近なことから対策ができることについて理解ができます!

地球を大事にしよう

身近な対策の前に、我々が住んでいる地球の状態について知ってほしいことがあります。

 

現在、地球では温暖化森林破壊砂漠化異常気象が発生して大きな問題になっています。

 

このような問題が発生した原因は、我々人間であり、人間による社会活動です。

 

大量生産、大量消費が現代のスタイルです。

 

よりよい生活、便利さを求めすぎて地球の資源を必要以上に消費してしまっています。

 

身近に感じることは難しいかもしれませんが、確実に問題は悪化しています。

私たちにもできる地球温暖化対策

実際に、世界各国では地球温暖化対策としてCO₂の削減を行っており、日本でもその取り組みは始まっています。

 

国や企業が対策するのはもちろんこと、私たちにも対策できることはたくさんあります。

家庭から出るCO₂削減

私たちの生活の中で今必要とされているのは、省エネルギーです。

 

電気などのエネルギーや自動車から出る排ガスにはCO₂がたくさん出ます。

 

なので、電気の使用量や自動車の利用頻度を減らすと大きな効果が出るとされています。

電気の使用量

地球温暖化を食い止めるには、家庭で使用する電気に注目しなければいけません。

ポイント

  • 冷房温度の設定:28℃
  • 暖房温度の設定:20℃
  • 電気をこまめに消す(節電)
  • 使っていないコンセントは抜く
  • 白熱電球をLED電球に変える

 

など、すごく小さなことでも使用量を抑え、エネルギー消費を抑えることができるのです。

自家用車の利用

家庭の中で次に多くのCO₂を排出しているのは、自動車です。

ポイント

  • ガソリン車からエコカーに乗り換える
  • 最高速度をなるべく控える
  • 加速の少ない運転を心がける
  • アイドリングストップを行う
  • 公共交通機関の利用

 

ちなみに、私の家の車もガソリン車からエコカーに乗り換えましたし、私自身はどこか移動するときは公共交通機関を利用しています!!

 

創エネルギーを増やそう

創エネルギーってなに?っていう方もいらっしゃるかもしれません。

「創エネルギー(創エネ)」とは、自治体や企業・一般家庭において”エネルギーを節約する(省エネ)だけに留まらず、自ら積極的にエネルギーを創り出す”という考え方です。

「 引用元」創エネルギー普及推進委員会 創エネルギーとは? http://www.souenergy.com/souene/

 

最近では、省エネ対策をしながら創エネを心がけている企業をよく目にするようになってきました。

 

じゃあ、家庭ではどのように創エネを行うのでしょうか?

 

創エネの具体例

  • 太陽光発電システムの導入
  • 家庭用燃料電池(エネファーム)

太陽光発電システムの導入

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを利用して発電するシステムです。

 

最近では、太陽光発電やソーラーパネルの設置をしている家庭が増えてきました。

家庭用燃料電池(エネファーム)

エネファームとは、水素と酸素から電気と熱を作るエネルギーシステムのことです。

 

この熱を用いて、お風呂などで使用するお湯を沸かし給湯に利用します。これらのエネルギーはすべて家庭で活用されるので、「省エネ」「創エネ」に貢献できます。

 

さらに、2016年4月から電力自由化がスタートし、各家庭のライフスタイルに合わせ電気の売り手を自由に選べるようになりました。

 

なので、再生可能エネルギーを重要視している電力会社を選ぶのも、我々にできる温暖化対策なのです。

 

まとめ

我々が住んでいるこの地球で様々な環境問題が発生している。

 

現代の社会活動のスタイルは地球温暖化を進行させてしまう部分もある。

 

国はもちろん、我々にも地球温暖化を阻止すべく対策できることはいくつもあるため、できることから取り組んでいってほしいと思います!!

-環境問題
-

Copyright© kouublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.