環境問題

「環境問題」地球の温度は人間の活動により、温暖化や寒冷化になる

皆さんこんにちは。

自分は今、環境学部に所属している大学2年生なのですが、

地球温暖化 地球寒冷化 が存在していることをご存知でしょうか?

今回は、温暖化と寒冷化の影響の概要と影響について解説していきます。

地球温暖化と地球寒冷化

地球温暖化とは

皆さんは、 地球温暖化 についてはご存じでしょうか?

こちらの記事を参考にしてください!

地球温暖化の原因として、二酸化炭素の排出が挙げられますが、これは 人工的に温暖化現象が進んでいることになるので、地球の温度に影響を与えていることになります。

ですが、地球の温度は主に太陽による熱エネルギーが一番関係しているため、 太陽の活動が弱くなる時期では寒冷化現象が起こります。

地球の温度は、太陽による熱エネルギーの量の変化で、温暖化や寒冷化が進んだり、われわれ人間による産業活動から排出される二酸化炭素を原因とする人工的な影響によって変化することになります。

地球寒冷化とは

狭義では地球が冷えていく現象のことを指し、これは全球溶解の以後に起こった過程のことである。広義では、地球表面及び大気の温度が下がっていき、寒冷化すると言う説の事を言う。また、小氷期の始まりだとする場合もある。

引用元:wikipedia

寒冷化による影響

地球上の農作物の収穫量は寒冷化にものすごく影響を与える。気温の低下のみならず、太陽活動の光による日照量が低下すると、農作物の収穫量が低下し、食料の価格高騰につながる。

また、質の良い農作物を育てることができないことから、生活環境が悪化し、感染症が流行し始める。

[aside type="boader"]実際に、1916年にスペインで寒冷化が起きた。この時は、戦争中でもあったが、同時に寒冷化による感染症が発生し、戦死の数より感染症による死亡者数のほうが多いとされている。[/aside]

1645年から70年間の間で、 マウンダー極小期と呼ばれる、黒点やオーロラが一切発生しない現象が起きました。これは太陽の活動が極端に弱くなり、とても寒い時期があったことで知られています。

マウンダー極小期とは

上記の通り、1645年から1715年の間で、太陽黒点数が著しく減少した期間のことであり、マウンダー極小期の期間中に観測された黒点数は30年間で50個しかされなかった。

通常なら約5万~6万個の黒点が観測されることから、マウンダー極小期期間中の黒点数が異常なほど少ないことが分かります。

これからは温暖化が懸念される

結論から言うと、これから 「寒冷化」よりも「温暖化」が懸念されます。

引用元:NASA http://data.giss.nasa.gov/gistemp/graphs/

これを見る限りだと、寒冷化が進んでいると考える人はほぼいないと思います。

一時期は気温が下がっている傾向もみられますが、1980年代から徐々に気温が上がっているのが分かると思います。

出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト
引用元:全国地球温暖化防止活動推進センター https://www.jccca.org/ipcc/ar5/wg1.html

この表を見てみると、気温上昇に関する文言は1990年代から始まっているのが分かります。

2007年からは温暖化に関する疑いの余地がないことから、現代にいたるまで人間による社会活動や産業活動が温室効果ガスを排出しているのです。

寒冷化は?

実は、寒冷化が起きる可能性もゼロではありません。

東南極高原でマイナス93.2℃の世界最低気温記録が観測された
引用元:NASA
東南極高原でマイナス93.2℃の世界最低気温を更新

この図は南極でマイナス93.2℃という世界最低気温を更新した地点の詳細です。

これが観測されたのは、 2010年8月10日 です。

まさに、最近の話であり想像もできないような寒さがこの世界には存在ということなのです。

寒冷化は、主に太陽による熱エネルギーの活動の低下によって引き起こされるものであるが、現段階ではその可能性は低いとされています。

一方、温暖化は太陽による赤外線の環境要因と、人類の社会活動から排出される温室効果ガスの人的要因からなるものであり、長期的にみると今後も温暖化になる傾向とされています。

まとめ

これから先も人間の社会活動によって温暖化が進んでいく傾向にあります。

ですが、太陽の活動によっては寒冷化が進んでいく場合もあるため、今後の太陽の動きにも注意が必要となります。

-環境問題

Copyright© kouublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.